ご僧侶のご依頼は葬儀・法要の寺院ご僧侶を無料でご紹介する僧侶派遣案内センター

僧侶派遣案内センター



ご挨拶ご挨拶協力寺院協力寺院ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ

臨済宗

臨済宗は禅問答を行う「看話禅」。15派があります

 臨済宗の宗祖

中国で臨済宗を開いた臨済義玄を宗祖として仰ぎ、日本に臨済宗を開いた明庵栄西を開祖としています。しかし栄西の系譜は早くに途絶えました。
その後、中国からの渡来僧を開山とする多くの臨済宗寺院が建立されます。そして、現在の臨済宗のほとんどは江戸中期に修行体系を完成した白隠慧鶴の系譜に属しています。

りんざいぎげん宗祖 臨済義玄

だるまだいし達磨大師(中国禅開祖)

 臨済宗の御本尊

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

 臨済宗の教え

臨済宗の教えは、人間が生まれながらに、だれもがそなえている尊厳で純粋な人間性をみずから悟ることによって、仏と寸分も違わぬ人間の尊さを把握するところにあります。
もちろん禅宗ですから、坐禅を最も重視します。臨済宗の禅は「看話禅」と呼ばれ、師匠が「公安」という問題を出します。弟子はこれを頭だけで理論的に考えるのではなく、身体全体で、理論を超えたところに答えを見出します。
そして、この結果を検証するのが参禅です。師匠と二人きりで対面した弟子が、見解を提示し、これを師匠が確かめるのです。

 お唱えする言葉

「南無釈迦牟尼仏」 なむしゃかむにぶつ

 戒 名

禅宗の戒名禅宗の戒名

一般的な感覚では、戒名は「亡くなった人に与えられる名前」という意味で広く受け止められていますが、仏教の世界において「戒名」とは本来、仏に帰依し受戒した人に授けられるものです。今日のように亡くなった人に戒名が与えられるのは「没後作葬(もつごさそう)」と言って、仏式をもって葬儀を行い、この式をもって死者が受戒し死後仏弟子になったという意味からと考えられます。
一般的な戒名は四字のものが多く、○○○○信士(信女)などです。この場合、下の二文字が戒名で、上の二文字は道号といい、生前の徳や業績、性格などを表します。信士、信女は位号といいます。その他の位号には居士、大姉、童子、童女などがあります。

お通夜・ご葬儀2日間でのお布施

当センターでは通夜、葬儀、初七日、火葬場、車代、御膳料・・・全て含んだ内容で天台宗寺院ご僧侶ご紹介・派遣しております。

  • ● 俗名での通夜葬儀・・・・・・・20万円
  • ● 信士・信女での通夜葬儀・・・・25万円
  • ● 居士・大姉での通夜葬儀・・・・36万円
  • ● 院号での通夜葬儀・・・・・・・60万円  

(院号については各宗派にて相違がございます、お問い合わせください。)

LinkIcon詳しくはこちらから

四十九日・一周忌・回忌法要など法事のお布施

当センターでは通夜、葬儀、初七日、火葬場、車代、御膳料・・・全て含んだ内容で天台宗寺院ご僧侶ご紹介・派遣しております。

● 四十九日法要・・・・・・・・・・万円

49日法要は、遺族、近親者、知人が集まり、忌明けの法要を行います。
日取りは皆が出席しやすい、直前の土・日曜日に行うことが多いようです。
この日に納骨を行うことも多く、寺院ご僧侶の立ち会いのもとで納骨式を行います。
法要が終わったら参列者を接待し、食事のあと引き出物をわたします。
しかし、最近ではご葬儀と同じく近い身内だけで執り行うことも多くなってきています。

● 四十九日法要+一般戒名・・・・15万円

ご葬儀の際、火葬式(荼毘)のみで執り行ったり、お葬式を無宗教で執り行って、お骨になった時にやはり故人に戒名を付けてあげとけば・・・と後悔するご家族の方が最近多くいらっしゃいます。
49日法要までに戒名を天台宗寺院ご住職に授けて頂くこともできます。
一般戒名(信士・信女)であれば法要のお経も含めて15万円でお願いしております。また居士・大姉であれば25万円でお願いしております。

※院号の場合は寺院ご住職とのご相談となりますのでお問合せください。

● 四十九日法要+開眼供養・・・・・万円

開眼供養(かいげんくよう)とは、もともと「仏像の目を開く」という意味があり、仏壇(御本尊)や墓石に魂を入れることを言います。 
新しく購入した仏壇は、そのままではただの棚にすぎず、中に納める本尊や位牌もただのモノにすぎません。新しく仏壇を購入したら、お墓と同じように僧侶に「開眼供養」の読経をしてもらいましょう。 
この供養によって、仏壇を清め、ご本尊や位牌は魂がこめられた意味のあるものになります。

※仏壇・墓石を一緒に法要・開眼供養費はお問合せください。

● 年忌法要・・・・・・・・・・・・万円

亡くなった人の祥月命日に営む追善供養の法要を年忌法要・年回法要と言います。祥月命日とは亡くなった月日のことです。ですから、ある人が4月15日に亡くなったとすれば、毎年4月15日が祥月命日ということになります。
亡くなった翌年の一周忌から始まり、その翌年の亡くなってから2年後が三回忌です。三回忌からは亡くなった年も含めて数え、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と追善供養の法要を営みます。
三回忌までは、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招きますが、七回忌以降は次第に招く人を、少数に絞っていく場合が多いです。
一般的には三十三回忌か五十回忌をもって、最後の法要の「弔(とむら)い上げ」とすることが多いです。

※二つの法事が重なる場合はお問合せください。

ご 注 意

御葬家に菩提寺がある世帯のご供養は、菩提寺様の許可の元でしか
寺院僧侶(お坊さん)の紹介派遣対応はできません。
事前承諾の無い場合、菩提寺・檀家の関係に支障を生じ、
納骨出来ない場合も有ります。

宗派、菩提寺不明の場合、当センターにて調査の上、ご紹介、派遣いたします。

葬儀・法要無料相談窓口はこちらお坊さん紹介の僧侶派遣案内センター

無料相談窓口 03-5261-5449


なぜ無料でお坊さんを
紹介してくれるの??

僧侶派遣紹介

当センターは構成協力寺院僧侶様からの協力維持費にて運営しておりますので無料でご利用いただけます。                       

LinkIcon詳しくはこちらから



寺院僧侶紹介派遣
対応公営霊園

■東京都営霊園■

青山霊園・谷中霊園
雑司ヶ谷霊園
染井霊園・八柱霊園
小平霊園・八王子霊園

■神奈川公営霊園■

メモリアルグリーン
久保山霊堂
久保山墓地
日野公園墓地
三ツ沢墓地
川崎市営霊園
相模原市営霊園


■埼玉公営霊園■

川口市営安行霊園
さいたま市諏訪入墓地
さいたま市青山苑墓地
さいたま市善前墓地
さいたま市鯛ヶ窪墓地
さいたま市思い出の里
志木市営墓地
新座市営墓園
蕨市営塚越霊園
■千葉公営霊園■

船橋市馬込霊園
船橋市習志野霊園
市川市霊園
浦安市墓地公園
習志野市営海浜霊園
松戸市白井聖地霊園
千葉市桜木霊園
千葉市平和公園

その他公営霊園・民間霊園
にも対応しております。

 メディアサイト

 お役立ちサイト

 リンク

家族葬の窓口
低価格でのお花の家族葬・火葬式を考えている方は「家族葬の窓口」をクリック!
ballan zackⅡ
おてらいふ
お寺のある生活を、もっと身近に。全国のお寺を都道府県別・宗派別に検索可能。法要の予約・行事スケジュール管理等の機能を提供。あなたの心とお寺を繋ぐ寺院総合情報サイトです
リンク1